PROFILE

-高 木 淳 也 Junya Takaki Profile-
1965年7月15日生 福岡県出身。
1981年 JAC(ジャパンアクションクラブ)入団。
1983年 アクション俳優としてテレビドラマ主演でデビュー。
その後、歌手、プロデューサー、監督、脚本家、政治家、ジャーナリストとして活躍。
プロデューサー、原作、監督、脚本等、手掛けた作品は12作品。
2013年 アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市郡政府より、Martial Arts(武術)スペシャリストとして招聘され、米国行政機関、UFCジム、ハワイ陸軍国家警備隊(米軍)プライベートコーチ等、コーチとして活動の場を広げている。
2021年 北九州学術研究都市に『SDGs未来都市・運動脳科学研究所』を開設。

  • 経 歴
  • アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市郡政府SpecialAdviser(特別顧問)
  • アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市郡功績賞受賞(2013年度)
  • UFCジムコーチ(2015年)
  • ハワイ陸軍国家警備隊(米軍)プライベートコーチ(2019年)
  • NPO法人武道の学校 理事長 兼 SDGsアドバイザー
  • 北九州学術研究都市 SDGs未来都市・運動脳科学研究所所長(2021年)
  • 元自民党公認福岡県芦屋町議会議員(最終役職 副議長)
  • 元明治大学法学研究科犯罪学研究所参与
  • 元NPO法人ポリスチャンネルプロデューサー(理事長 第12代警察庁長官 山田英雄)

  • 特技&資格
  • (公財)日本スポーツ協会公認スポーツ指導者 空手範士八段(空手歴52年)
  • (公財)日本障がい者スポーツ協会 初級障がい者スポーツ指導員
  • メンタルヘルスコーチ(日本スポーツ精神医学会認定 メンタルヘルス運動指導員)
  • (一社)日本免疫治療学研究会正会員
  • Adult and Pediatric First Aid/CPR/AED certificate given by American Red Cross(救急救命上級技能認定者)
  • 乗馬、ダイビング、セスナ飛行(ハワイ飛行クラブ会員)

 


1969年

4歳で空手を始め、14歳で極真空手福岡県分支部指導員を務める。


極真会館本部にて強化稽古に参加(東京池袋・当時)


1981年

JAC(ジャパンアクションクラブ)入団(16歳)。入団直後、空手部門コーチに就任。



1983年

TV初主演「カンフーチェン」シリーズでアクション俳優デビュー(17歳)。読売・日本テレビ系列で全20話が製作された。

挿入歌「カンフーチェン」で歌手デビュー。



初主演映画「伊賀野カバ丸(東映)」では、念願だった千葉真一、真田広之と共演を果たし、大がかりなスタント・アクションにも挑戦(18歳)。

主題歌「青春まるかじり」は、真田広之、高木淳也が協力して発売された。



TV主演「青春はみだし刑事」主演 全17話(読売・日本テレビ系)。

主題歌「嵐の街ロンリー」を発売。

テレビドラマ初の試みとして、毎週主役が吹き替えなしでスタント・アクションを交えた大掛かりなアクションが放送された。

当時は、交通規制も行わず国道の歩道橋からトラックの荷台にダイビングするなど、現代では考えられないアクションシーンが撮影されている。



1984年

中国・香港合作 主演映画「忍者&ドラゴン」(19歳)。

撮影中に右脚副側靭帯切断、膝蓋骨骨折。18㌢に及ぶ手術を行い、リハビリに専念。

ギプスで足を固定したまま、主題歌が予定されていた「蒼い疾走」をレコーディング。全国キャンペーンツアースタート。

レコード発売は、シングル6枚(協力曲含む) アルバム2枚。

ラジオレギュラー番組2本を担当した。




1985年

単身渡米しプロモーションを開始(20歳)。

ブルース・リー主演作『燃えよドラゴン』を製作したワーナー・ブラザース副社長等、大手映画配給会社役員と交流を深めた。


1988年

復帰第一作、初監督・脚本・プロデューサー・主演等、一人八役をこなした「バッドヒストリー」を製作(23歳)。


1989年

映画「バッドヒストリー」が日本で初めてのディスコ・ロードショー上映。

六本木界隈のディスコ33ヶ所を占拠。1日で2万人を動員する(24歳)。

 

 

1990年

映画「バッドヒストリー」が米国ビバリーヒルズで開催された「アメリカン・フィルム・マーケット」に正式出品。ワールドプレミアを獲得する。

この年、後遺症による肉体の限界を表明して長期休養を公表(25歳)。



1995年

青少年育成団体実戦空手息吹之會を地元福岡県で創設。最高顧問に第92代内閣総理大臣 麻生太郎衆議院議員が就任(30歳)。


1996年

国際ジャーナリストとして始動(31歳)。

懸命にリハビリを続けながらジャーナリズムの構築を計り、徹底して追究したアンダーグラウンド・ルポによって「アンダーカバー・ジャーナリスト」の異名を得る。


1997年

LAPD(ロス市警)、米国司法全面協力のもと、アメリカ最大ギャング「クリップス」、「ブラッズ」のドラッグ・ウォー(麻薬 抗争)ドキュメンタリーを完成(32歳)。

 

 

1999年

福岡8区自民党公認地方議会議員として当選(33歳)。

自由民主党遠賀郡連合支部幹事としても活躍。

一般質問を4年間一度も休むことなく、行政問題を追究し、当選一期35歳で副議長に就任。 当時最年少・最短の就任だった。


第92代内閣総理大臣 麻生太郎先生と


2001年

ハワイ州に法人設立(35歳)。

MOVIE AGENT USA Co., Ltd.CEOに就任。



2004年

週刊実話でヤクザとチャイニーズマフィアを題材とした、リアル小説「龍神」が連載スタート(39歳)。

その後、 数々の週刊誌、月刊誌に「ヤクザ」、「ドラッグ」、「テロ」、「拉致問題」等を掲載。

講演活動も多くなり、2000名規模のセミナーが開催される。



「実録・東組抗争史 閻魔の微笑」特別出演、「修羅の門Ⅰ・Ⅱ」特別出演(公開2005年)。

週刊実話で連載されていたリアル小説「龍神」が映画化。久し振りにメガホンを取り、監督・主演で芸能界に完全復帰した。



警察庁OBで組織されたNPO法人ポリスチャンネル(理事長 第12代警察庁長官 山田英雄)にて、プロデューサーとして10年間警視庁及び福岡県警を担当して活躍した。



東京営業所を六本木ヒルズにオープンし、裁判紛争調査機関( 福岡県公安委員会第90070018号)をスタート(40歳)。

企業法務にかかわるコンプライアンス・コンサルティングを事業化した。



「実録 絶縁状」特別出演。「(暴)組織犯罪対策部捜査四課」特別出演。

また、公私共にお世話になっている北野 武監督作品「TAKESHIS’」にも出演。

六本木で二人で飲んでいる時に決まった、という逸話を残している。



2006年

明治大学法学研究科犯罪学研究所において参与として2年間在籍(41歳)。

「脳科学」をテーマに「思考は変えられる」、「成功法則は存在する」がオフィシャルブログで連載された。



2007年

「実録 外道の群れ 流血の鎮魂歌」主演(42歳)。

人気漫画「ゾク議員」をプロデュースし、監督・主演を務めた。  



2008年

企画・プロデューサー・脚本・監督・主演として、半年間で「新まるごし刑事Ⅰ・Ⅱ」、「ニッポン非合法地帯Ⅰ・Ⅱ」、「ジャングルクロウ」5作品を製作。スタント・アクションを連発し、世界記録へ挑んだ。ハワイを中心にプロモーションを展開する(43歳)。

 


2011年

東日本大震災復興支援プロジェクトを発足(46歳)。

青少年育成団体実戦空手息吹之會を中心に日本赤十字社特別社員として、 資源物回収費用全てを義援金支援とする5ヵ年計画を推進。

その様子は、SNSで克明に伝えられ、ファンを始めとする支援の輪が広がった。

高木淳也公式サイトに専用メールボックスを設置し、激励のメールは5年間で数万件に及び、累計4,000人以上の方々が、被災地への寄付や同様の活動を宣言し、復興支援に取り組んだ。

5年間で回収した資源物は、45トン755㌕。資源物の売上金が270,623円。行政奨励金が267,920円で、合計が538,543円。

高木が日本赤十字社を通じて、寄付を始めたのが2011年4月4日で、その個人の寄付金を全て、実戦空手息吹之會の名義に変え、日本赤十字社に571,000円が寄付され、新たに高木個人の寄付も行われた。

その他にNPO法人ポリスチャンネルに犯罪防止啓発として、1,000,000円を寄付。

その全てを情報公開し、経費や人件費等、一切を経費計上せず、文字通り全額を寄付して、「復興支援プロジェクト!5年間」は終了した。



地元福岡県にて、市民団体 OMBUDSMAN 行政問題NGOを発足し、約20案件に渡る調査及び情報公開請求を開始。

  • 芦屋町倫理条例に関する調査
  • 森林法第25条 保安林指定区域誤認調査
  • 社会福祉法人芦屋町社会福祉協議会設立における法令調査
  • 芦屋町ホームページ作成料契約に関わる調査
  • 仕組み債6億円購入の細部調査
  • 随意契約法令等

上記調査を行い是正処置を要求。

これに対し自治体が拒否したため、 7月に弁護士に依頼せず、高木が自ら法廷で争う本人訴訟で芦屋町(町長 波多野茂丸氏)を提訴した。

裁判で敗訴した後、自治体から是正処置を出来る限り受け入れるとの判断により、控訴せず審議を行っている。



2012年

復興支援プロジェクトの活動が認められ、日本赤十字社銀色有功章受章(47歳)。


2013年

アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市より、招聘され渡米(48歳)。

Martial Arts(武術)スペシャリストとして政府機関、司法機関、一般へ向けてのデモンストレーションを各地で開催。



復興支援プロジェクトの活動が認められ、日本赤十字社名誉副総裁である秋篠宮妃紀子(現文仁親王妃紀子)さまから日本赤十字社金色有功章が贈られた。

アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市郡功績賞を受賞。

アメリカでの活動に加え、過去に行ってきたアクション及びジャーナリストとしての活動が高く評価されハワイ州ホノルル市郡に全てが記録された。



アメリカMMA専門雑誌に「TAKAKI METHOD~闘技の哲学」を発表。

武道における「心技体」を「脳機能・食育・運動」と定義付けた高木淳也独自のメソッド。



2014年

アメリカ合衆国ハワイ州商務省MMA(総合格闘技)諮問委員就任(49歳)。

MMA(総合格闘技)に関する試合やドーピング等、法規草案に携わり試合会場に視察に訪れる。



アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市郡政府特別顧問に就任。 日本人就任は、過去の記録に存在していない。




2015年

ホノルル市で開催されたハワイ州カンファレンスに出席。他、ホノルルポリス銃規制会議やイベントに参加(50歳)。



American Red Cross(米国赤十字社)Fast Aid(救急救命上級技能認定者)取得。

UFCジムで、日本人では始めてのコーチを行う。

高木淳也の支援者として、ホノルル市検察やホノルル市議会がアメリカでの活動に対する推薦状を発行。



2016年

実父が癌(がん)であることをSNSで公表。原発性肺癌と転移性脳腫瘍を外科療法、化学療法を行わずに闘っている様子を公表した(51歳)。



ロサンゼルス・ハリウッドでプロモーションを展開。

国内においても初級障がい者スポーツ指導員の資格を取得し、幅広い世代に運動プログラムを作成するコーチとしても活躍している。



2017年

実戦空手息吹之會『第4次年次計画』を公表(52歳)。

武道教育と社会教育の融合を目指した教育方針を打ち出した。

12月には、『東京2020応援プログラム・東京2020オリンピック・パラリンピック1000日前イベント』認証イベントを開催。

 


2018年

実戦空手息吹之會設立23周年を機に『NPO法人武道の学校』に設立(53歳)。

『第4次年次計画』を引き継ぎ、特定非営利活動法人として更なる事業計画案を提起。

ハワイとも連携させる準備を開始した。


自らのブレイン(脳)をハッキングし、『スペシャリスト・プログラム』を作成。

アメブロ連載第2弾『スペシャリストになろうよ!』をスタート。



2019年

2020年アメリカ合衆国大統領選挙民主党指名候補Tulsi Gabbard下院議員が推薦人として署名した。



ハワイ陸軍国家警備隊(米軍)プライベートコーチがスタートする(54歳)。

 

ハワイ陸軍国家警備隊少佐からの招聘レター


 

 

 

 


12月、中国湖北省武漢市で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)発症を受け、NPO法人武道の学校指導員による対策班を結成。


2020年

2月20日より新型コロナ対策を実施し、大会及び催し物を全てを辞退。

3月1日、 本部事務所、関連法人、管理ビルの全面封鎖を開始。事実上の自粛対策を行う。

4月7日、7都府県に発出された緊急事態宣言を受け、『オンライン空手クラス』をスタート。

NPO法人武道の学校抜本改革に着手(55歳)。


2021年

『NPO法人武道の学校』第5次年次計画を発表。

SDGs(持続可能な開発目標)活動を更に強化し、国内において人材育成に着手。


4月 内閣府地域創生SDGs官民連携プラットフォームに参加。

 


6月 外務省 JAPAN SDGs Action Platform ホームページに、NPO法人武道の学校がSDGs貢献にコミットする団体・取組事例(5ゴール)として掲載され、『SDGsジャパンロゴマーク』の使用が認められる。*SDGs ジャパンロゴマークは日本政府のSDGs推進ロゴです。


7月 北九州学術研究都市にSDGs未来都市・運動脳科学研究所を開設(56歳)。