重要なお知らせ

サポーター会員について、誤解が生じておりますのでお伝え致します。

保護者を含め、当法人関係者がサポートするのではなく、当事者である我々がサポートして頂く側です。

サポーター会員という名称のため、会員になるかどうか考えているという誤解が生じておりますのでご理解下さい。


保護者が支払うのは諸経費

今まで通り月謝は無料ですが、法人化を機に諸費用を含む雑費は頂くこととなりました。

一つには、全ての諸費用も高木淳也が負担していたため、その金額は100万円を超え、行政側から不健全であるとのご指摘を賜ったことです。

その諸費用をNPO法人武道の学校サポーター会費として徴収するため、サポーター会員として、1口3,000円頂くということです。

現在、イベントや講習会によってはオーバーして行く可能性が高いため、今後はサポーター会員を増やして活動費の負担を減らし、お一人年額3,000円で維持できるよう計画しています。

子供の教育に関しては、できる限り高木淳也自身がお金をかけたくないという信念を持って23年間行って参りましたが、時代の流れと共に災害発生における支援活動等、社会教育では欠かせない事案が増えておりますのでご理解頂きますようお願い申し上げます。


但し、母子家庭、父子家庭、療育世帯等、行政から支援を受けており、児童支援が必要なご家庭は、高木淳也の信念に基づき全力でサポートして参ります。


ご夫婦でイベント等に参加される場合は、2口になりますのでご理解下さい。

お支払いがない場合は、諸費用(進級審査費、事務諸経費、イベント時の参加費、食費、試し割り費用等)をご請求致します。

高木淳也のクライアントは、芸能人やUFCジム等、プロやアスリートが多く、指導費は1時間数万円発生します。

その指導費を全て無料としている訳ですが、諸費用は当たり前のお話ですが、今後はお支払い頂くこととなります。

サポーター会費年額3,000円(月額換算250円)で、より多くの子供達や難病、障害者の方々の支援が行なえます。

ご家族やお知り合い等、会員の増強にもご協力頂ければ幸いです。

当然ながら、NPO法人武道の学校は、実戦空手息吹之會活動同様、青少年育成を基本としており、社会教育を推進しています。


今後は、サポーターの皆さんのご要望も含めて、社会貢献でお返しし、2022年の18歳成人に向けて、社会講義(講習)を充実させて参ります。

空手稽古もさることながら、社会貢献イベント等に出席なき場合は、進級等にも影響致しますことを今一度ご理解下さい。

NPO法人武道の学校事務局